令和元年と牡牛座チャレンジ

こんにちは、いとうです。

令和元年5月1日、
いかがお過ごしですか?

僕は平成最後とか、令和初日とか
そういった世間が沸き立っている話題を
取り上げるのはあまり好きではないのですが
新天皇の即位も無事に済んでめでたいので
たまにはいいかなと思いまして。

今回、元号が切り替わるということで
いろいろな人から

「元号の切り替わりって占星術的には
どうなんですか?」

と聞かれることがよくあるのですが
僕は特に関心はありません。

往年の沢尻エリカばりに
「別に」と返します。

元号が変わっても自分は変わらないですし
自分の変化に直接関係のないことに
意識のリソースを割くことに果たして
何か意味があるのか?と感じています。

まぁもちろん、研究対象としては
この切り替わりのタイミングは
面白いと思いますけどね。

ちょうど今日、2019年5月1日に
日付が変わった瞬間の東京のホロスコープを
「令和日本」のホロスコープとすれば
注目すべきポイントはいくつかあります。

個人的に気になるのは
アセンダント(時計でいう9時の部分)に
オーブ(間隔の度数)が約2度で
冥王星が乗っていることです。

アセンダントが山羊座の24.57度、
冥王星が山羊座の23.08度です。

そこにドラゴンテイルと土星もわりと
タイトに乗っかっているので
否が応でも目が行きますね。

月と海王星もオーブ2度で重なっているので
そこも気になります。

1度を1年に置き換えて時期を読む
ソーラーアークという技法で見ると
アセンダントと冥王星、月と海王星の間の
「2度」は「2年」になります。

なので、「2年後に何かあるのかな?」
くらいの感じで見ています。

まぁ、2年後の2021年になる前の
2020年1月13日に土星と冥王星が
ぴったり重なるので、そっちの方が
何かありそうな気配は強いですが。

何にせよ、色々な面でこれまで以上に
変化のスピードは加速するでしょうし
極めて大きなインパクトを与える出来事が
遠からず訪れるだろうということです。

僕らは国家とか会社のホロスコープの
研究をメインにしているわけではないので
詳しいところはよくわからないのですが、
そういうテーマをメインで研究している
社会派の占星術家の方もいると思うので
気になる方は調べてみるといいかもですね。

社会の出来事と星の動きを研究して
予言者的なスタンスで占星術を使うのも
面白いと思いますが、僕らは基本的に

「占星術を活用して人生を豊かにする」

というスタンスで取り組んでいます。

あくまでフォーカスポイントは
自分自身の進化と成長です。

自分の持って生まれた才能や資質の
「タネ」の種類を認識し、
適切なチャレンジを与えて磨き上げ、
組み合わせて自分だけの強みを作れば
どんな環境においてもサバイバル可能な
たくましさが身につきます。

そのためにはまず「自己理解」を
徹底的に深める必要があるわけです。

そして、自分の強みと弱みを認識し、
強い部分は更に伸ばし、弱い部分も
意識的に克服していくことで
あらゆる面でレベルの高い人間を
目指していくことが出来ます。

そのためのトレーニングの一環として
僕が運営する秘密のコミュニティでは
今年から

『12星座チャレンジ』

という取り組みを始めました。

このチャレンジは、太陽がそれぞれの
星座を運行するタイミングで
それぞれの星座の要素を意識的に実践し
身につけてみようという趣旨のものです。

例えば、3月21日から4月19日までは
太陽が牡羊座のエリア内にいます。

なので、この期間に牡羊座っぽいことを
どんどんやってみよう!という事です。

「なぜ、こういうチャレンジをするのか?」

と言えば、人それぞれホロスコープには
だいたい偏りがあり、思考や行動のパターンが
無意識レベルで偏るからです。

元々ホロスコープの中に牡羊座の要素が
たくさんある人は、いわゆる牡羊座っぽい
性質が強く現れやすいです。

「一番」になることにこだわったり、
やたらせっかちで待てない人だったり、
競争やスポーツが好きだったり、
前例のない事に挑む事が好きだったり、
闘争心が強く負けず嫌いだったりと
結構わかりやすい特徴が見つかります。

逆に、牡羊座の要素が全然ない人は
牡羊座の要素が強い人がこだわるポイントが
全く理解できないケースが多いです。

別に理解できないまま放っておいても
特に問題はありません。

が、自分の枠を広げ、新たな視点を
手に入れるためには、自分が価値を
理解できないことにも取り組んでみる、
というのは非常に大事です。

牡羊座要素が少ない人が牡羊座的な事に
意識的にチャレンジしてみることで、
これまでの人生の延長線上には決して
存在し得なかったであろう出来事と
遭遇することができるわけです。

「一番になる事」に興味がなかった人が
あえて「一番になる事」にこだわることで
新たな視点を獲得できるでしょうし、
「一番を目指したい人」の気持ちを
理解する事もできるようになります。

つまり、『12星座チャレンジ』は
既存の自分の枠を壊して成長の機会を
自ら作り出すことにもなるし、同時に
これまで全く理解できなかった欲求や
考え方などを持つ人への理解も深まる
非常にレバレッジの効く取り組みなのです。

12星座すべての要素にチャレンジして
意識的に取り入れていくことができれば、
1年でかなり成長できると思いませんか?

ボーッと行きているだけでは決して
手を出さなかったであろうことに出会い
行動の幅を広げていくチャレンジは
必ず人生を豊かにしてくれます。

で、太陽は今、牡牛座に居て、
5月22日辺りに双子座に移動します。

なので、5月22日までの残りの約3週間、
ぜひあなたも『牡牛座チャレンジ』に
取り組んでみてください。

『牡牛座チャレンジ』とはつまり
牡牛座の要素をポジティブに活かす事を
意識して生活するということです。

牡牛座のポジティブなキーワードは

現実的
粘り強い
安定感
意志強固
親しみやすい
一貫性がある
穏やか
従順
しっかりした価値観と審美眼
信頼性
平和主義
安楽な生活や豊かな食生活を楽しむ能力
人を和ませる
忍耐力がある
持続性
確実性
外柔内剛
金銭感覚が堅実
五感に優れる

と言ったところで、固有のアーキタイプは

・建築家
・音楽家
・大地の精
・沈黙の行者

という感じです。

具体的なチャレンジ内容の一例を挙げると、

・500円玉貯金をスタートする
・牡羊チャレンジで始めた物事を継続してみる
・自然の中で五感に触れる
・五感を磨くアクティビティに取り組む
・食べ物のクオリティにこだわってみる
・自分の持つ資産の棚卸しをしてみる
・経済合理性を強化する(節約志向)
・頑張った自分に質の高いご褒美をあげる
・怒らずに穏やかに過ごしてみる
・忍耐力を強化する

などなど色々あります。

上記のキーワードやアーキタイプから
いくらでも連想することができるので
あなたなりに思いついたことを
やってみてください。

ちなみに、うちのコミュニティでは
皆かなりいい感じに取り組んでいて
FBグループに次々に実践報告が届いています。

(ほとんどが美味しいものを食べました!
という報告で飯テロスレになっていますが)

もしあなたが牡牛座チャレンジに取り組んで

「こんな事をやりました!えっへん!
凄いでしょ!褒めてください!」

と言えるくらいのことを達成できたら
ぜひ僕に教えてください。

何か美味しいものをプレゼントするかもしれません。

時代や環境の変化に右往左往せずに
確固たる自分の芯を持って生きるというのも
牡牛座っぽいとも言えるので、ぜひこの連休中に
今一度自分の「芯」を明確にしてみてください。

それではまた!

ちゃお!

いとうこんにちは、いとうです。

令和元年5月1日、
いかがお過ごしですか?

僕は平成最後とか、令和初日とか
そういった世間が沸き立っている話題を
取り上げるのはあまり好きではないのですが
新天皇の即位も無事に済んでめでたいので
たまにはいいかなと思いまして。

今回、元号が切り替わるということで
いろいろな人から

「元号の切り替わりって占星術的には
どうなんですか?」

と聞かれることがよくあるのですが
僕は特に関心はありません。

往年の沢尻エリカばりに
「別に」と返します。

元号が変わっても自分は変わらないですし
自分の変化に直接関係のないことに
意識のリソースを割くことに果たして
何か意味があるのか?と感じています。

まぁもちろん、研究対象としては
この切り替わりのタイミングは
面白いと思いますけどね。

ちょうど今日、2019年5月1日に
日付が変わった瞬間の東京のホロスコープを
「令和日本」のホロスコープとすれば
注目すべきポイントはいくつかあります。

個人的に気になるのは
アセンダント(時計でいう9時の部分)に
オーブ(間隔の度数)が約2度で
冥王星が乗っていることです。

アセンダントが山羊座の24.57度、
冥王星が山羊座の23.08度です。

そこにドラゴンテイルと土星もわりと
タイトに乗っかっているので
否が応でも目が行きますね。

月と海王星もオーブ2度で重なっているので
そこも気になります。

1度を1年に置き換えて時期を読む
ソーラーアークという技法で見ると
アセンダントと冥王星、月と海王星の間の
「2度」は「2年」になります。

なので、「2年後に何かあるのかな?」
くらいの感じで見ています。

まぁ、2年後の2021年になる前の
2020年1月13日に土星と冥王星が
ぴったり重なるので、そっちの方が
何かありそうな気配は強いですが。

何にせよ、色々な面でこれまで以上に
変化のスピードは加速するでしょうし
極めて大きなインパクトを与える出来事が
遠からず訪れるだろうということです。

僕らは国家とか会社のホロスコープの
研究をメインにしているわけではないので
詳しいところはよくわからないのですが、
そういうテーマをメインで研究している
社会派の占星術家の方もいると思うので
気になる方は調べてみるといいかもですね。

社会の出来事と星の動きを研究して
予言者的なスタンスで占星術を使うのも
面白いと思いますが、僕らは基本的に

「占星術を活用して人生を豊かにする」

というスタンスで取り組んでいます。

あくまでフォーカスポイントは
自分自身の進化と成長です。

自分の持って生まれた才能や資質の
「タネ」の種類を認識し、
適切なチャレンジを与えて磨き上げ、
組み合わせて自分だけの強みを作れば
どんな環境においてもサバイバル可能な
たくましさが身につきます。

そのためにはまず「自己理解」を
徹底的に深める必要があるわけです。

そして、自分の強みと弱みを認識し、
強い部分は更に伸ばし、弱い部分も
意識的に克服していくことで
あらゆる面でレベルの高い人間を
目指していくことが出来ます。

そのためのトレーニングの一環として
僕が運営する秘密のコミュニティでは
今年から

『12星座チャレンジ』

という取り組みを始めました。

このチャレンジは、太陽がそれぞれの
星座を運行するタイミングで
それぞれの星座の要素を意識的に実践し
身につけてみようという趣旨のものです。

例えば、3月21日から4月19日までは
太陽が牡羊座のエリア内にいます。

なので、この期間に牡羊座っぽいことを
どんどんやってみよう!という事です。

「なぜ、こういうチャレンジをするのか?」

と言えば、人それぞれホロスコープには
だいたい偏りがあり、思考や行動のパターンが
無意識レベルで偏るからです。

元々ホロスコープの中に牡羊座の要素が
たくさんある人は、いわゆる牡羊座っぽい
性質が強く現れやすいです。

「一番」になることにこだわったり、
やたらせっかちで待てない人だったり、
競争やスポーツが好きだったり、
前例のない事に挑む事が好きだったり、
闘争心が強く負けず嫌いだったりと
結構わかりやすい特徴が見つかります。

逆に、牡羊座の要素が全然ない人は
牡羊座の要素が強い人がこだわるポイントが
全く理解できないケースが多いです。

別に理解できないまま放っておいても
特に問題はありません。

が、自分の枠を広げ、新たな視点を
手に入れるためには、自分が価値を
理解できないことにも取り組んでみる、
というのは非常に大事です。

牡羊座要素が少ない人が牡羊座的な事に
意識的にチャレンジしてみることで、
これまでの人生の延長線上には決して
存在し得なかったであろう出来事と
遭遇することができるわけです。

「一番になる事」に興味がなかった人が
あえて「一番になる事」にこだわることで
新たな視点を獲得できるでしょうし、
「一番を目指したい人」の気持ちを
理解する事もできるようになります。

つまり、『12星座チャレンジ』は
既存の自分の枠を壊して成長の機会を
自ら作り出すことにもなるし、同時に
これまで全く理解できなかった欲求や
考え方などを持つ人への理解も深まる
非常にレバレッジの効く取り組みなのです。

12星座すべての要素にチャレンジして
意識的に取り入れていくことができれば、
1年でかなり成長できると思いませんか?

ボーッと行きているだけでは決して
手を出さなかったであろうことに出会い
行動の幅を広げていくチャレンジは
必ず人生を豊かにしてくれます。

で、太陽は今、牡牛座に居て、
5月22日辺りに双子座に移動します。

なので、5月22日までの残りの約3週間、
ぜひあなたも『牡牛座チャレンジ』に
取り組んでみてください。

『牡牛座チャレンジ』とはつまり
牡牛座の要素をポジティブに活かす事を
意識して生活するということです。

牡牛座のポジティブなキーワードは

現実的
粘り強い
安定感
意志強固
親しみやすい
一貫性がある
穏やか
従順
しっかりした価値観と審美眼
信頼性
平和主義
安楽な生活や豊かな食生活を楽しむ能力
人を和ませる
忍耐力がある
持続性
確実性
外柔内剛
金銭感覚が堅実
五感に優れる

と言ったところで、固有のアーキタイプは

・建築家
・音楽家
・大地の精
・沈黙の行者

という感じです。

具体的なチャレンジ内容の一例を挙げると、

・500円玉貯金をスタートする
・牡羊チャレンジで始めた物事を継続してみる
・自然の中で五感に触れる
・五感を磨くアクティビティに取り組む
・食べ物のクオリティにこだわってみる
・自分の持つ資産の棚卸しをしてみる
・経済合理性を強化する(節約志向)
・頑張った自分に質の高いご褒美をあげる
・怒らずに穏やかに過ごしてみる
・忍耐力を強化する

などなど色々あります。

上記のキーワードやアーキタイプから
いくらでも連想することができるので
あなたなりに思いついたことを
やってみてください。

ちなみに、うちのコミュニティでは
皆かなりいい感じに取り組んでいて
FBグループに次々に実践報告が届いています。

(ほとんどが美味しいものを食べました!
という報告で飯テロスレになっていますが)

もしあなたが牡牛座チャレンジに取り組んで

「こんな事をやりました!えっへん!
凄いでしょ!褒めてください!」

と言えるくらいのことを達成できたら
ぜひ僕に教えてください。

何か美味しいものをプレゼントするかもしれません。

時代や環境の変化に右往左往せずに
確固たる自分の芯を持って生きるというのも
牡牛座っぽいとも言えるので、ぜひこの連休中に
今一度自分の「芯」を明確にしてみてください。

それではまた!

ちゃお!

いとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です